読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手帳紹介「持ち運び手帳」

         f:id:marchmarch:20160518171132j:plain

Chic(株式会社グリーティングライフ)

 たまに寄り道する雑貨屋で手帳コーナーをうろうろしていたわたし。仕事用にウィークリー手帳を使っていたので(イオンの文具コーナーで半額になっていたマイメロディ手帳を昨年5月に買いました…)、今年もウィークリーを1冊!と。表紙は厚紙、1週間毎にデコが違う、マンスリーも可愛いの三拍子でお買い上げ。値段は800円だったかな…。安くても使いやすい、ページを開く気持ちが沸く手帳に出会えると、何だか気持ちも晴れ晴れします!

使い方あれこれ

基本的にこの手帳の使い道は「仕事用」なので、左のフリーページは仕事に関する事になります。映画館で働いているので、毎週公開される上映作品や、終映が決まった作品を記録。作品によって客層や入りの人数も変化するので、たかがパートですが、状況はしっかり把握できるように(春休み期間に「○○」が公開して混雑予想…など)。右のウィークリーはいろいろ使い方を迷っていたんですが、ここ最近は上写真のスタイルで落ち着いています。フィルム付箋であらかじめ決まっている予定を貼り、当日が過ぎたら4行くらいの日記(というかメモ)を記入。書く日も、殆どまとめて書く事が多くて、この写真の週は、次の週になってからタリーズでのんびり思い出しながら書きました。脳トレ!予定が無い日は付箋もなくて寂しいので、持ち歩いているマステをペタペタ貼っています。

フィルム付箋に予定を書くので、挟んでいるボールペンは付箋にも書ける油性の青と黒。おまけのゲルインキのピンクで3色ボールペンにしています。手帳の紙が結構しっかりとしているので、下敷きいらず!本当、値段以上に優秀な子です。

(例外的な!?)持ち運び方

この手帳、厚手の表紙なのでカバーいらずなのですが、母子手帳ケース(ラルフローレンのジッパーケース愛用中!)に入れて持ち運んでいます。ちびたけちゃんの妊娠が分かった直後、産婦人科で「次は2週間後に来てください」と言われ、「(あれ、2週間後って平日休みの日あったっけ?とりあえず診察の予約だけして後から変更しよう…)」なーんて事があったのがきっかけです。仕事以外でもちゃんと手帳持って予定を把握していないと、これからは駄目なんだなーと。当時27歳、更に大人になった瞬間(ちーん)。ただ、母子手帳ケースに挟むと、可愛いと思っていた厚手の表紙がネックになって嵩張るので、来年はもう少し表紙の薄いものを選ぼうかなと。使ってみないと分からないもんですね。

産休、育休の間の使い道とは…

5月いっぱいで早めの産休に入り、6月中旬には実家に里帰り、夏に出産、10月までに愛知に帰ってきて、復職は4月の保育園入所が決まり次第…という流れになったので、しばらくは専業主婦ママになります(いずれはワーキングママの道)。となると、仕事用として買ったこの手帳に日の目が向かないかなーという感じですが、まあ、母子手帳に挟んでる限りは、ちびたけちゃんの健診やら予防接種やら保育園の手続きやらで、予定がわいわいしていくだろうなと。復職したらまた新しい持ち運び手帳と共にがんばっていきたいです。

 

 

 

そういえば、ライフログ(とカッコよく言っていいのか…超適当な時系列記録)に無印良品のウィークリー・バーチカル手帳も使っているんです。これがまた何の飾りも無いシンプルさで使いやすい。いつかここでも書けたらなーと思っています。それでは!